がんばるWEBマスター 最新版
  -  26PV -
『がんばるWEBマスター』とは?  バックナンバー Gokuu!トップ

※おことわり このページは2003年2月掲載当時のもので、出演者の方の現在の状況とは違う場合もあります。ご了承ください。

長 嘉信さん
愛犬ぎんじ君と長 嘉信さん】
長さんのサイトは上の写真をクリック↑

長 嘉信さんのプロフィール
松任市のラブナードなかまち商店街でシャディカタログハウスを経営されていらっしゃいます。このお店のサイト以外にも、CGIプログラムのレンタルサイトなど、多方面でご活躍されています。

【ご本人の自己紹介】
血液型A型、おとめ座、年齢不詳。スキーとゴルフが大好きな中年です。
自称「若大将」(←ちと古いかも・・・)
「愛をかたちに」をテーマに、ギフト販売を通して多くの人と出会い、ともに感動を味わって行くことが最大の喜びです。
更新頻度
2〜3日おき
作業時間
30分

■タイトル
今日はカタログ通販のサイトを運営されている、長 嘉信さんにお話をお伺いしました。

(なべっち)よろしくお願いします。
(長さん)よろしくお願いします。

な:普段はどのようなお仕事をされているんですか?
長:シャディカタログギフト「アズユーライク」の販売。シャディのギフトショップですので、ギフト販売全般(包装・配達and掃除)をしています。

■本気で取り組んでいます
な:Webを活用してお仕事をはじめられたのは、いつ頃ですか?
長:初めてサイトを開いたのは2001年5月で、別のサイトです。
な:きっかけをお聞かせいただけますか?
長:実は、自分で小さな会社を作ってまして、その仕事の関係でWebサイトを 立ち上げました。
何も知らない状態で、ホームページビルダーを使って、5月の連休中に3日間で作成したのですが、トイレットペーパーみたいに縦長のスクロールが どこまでも続くようなサイトでした。TOPページと、ご注文フォームの2ページだけのサイトでしたが、不思議なことに売上が・・・。
それからは暇さえあればネットサーフィンの毎日でした。(笑)翌年の4月にサイトを リニューアルし、Yahooに申請、一発で登録されました。

そこで、ネットを通して学んだことをもとに、家業のギフトショップの活性化と 売上アップのためにカタログハウス.comを立ち上げようと考えました。

が、しかし、「シャディは一冊の百貨店」、何でも取り扱っています。 つまり、これと言った特徴が見当たりません。
一般的にネットビジネスとは、そこでしか手に入らない品物やサービス、 あるいは、激安販売などの特徴がないと難しいと言われています。 つまり、どこでも買える(手に入る)ものを、ネットで扱っても成功しない と言うことです。

それならば・・・・・。 逆に、どこでも買えるものやサービスは、ネットで買う方が便利ではないか。さらに、ネットならではの特典をプラスすれば、お客様に喜んでいただけるのではないかと考えました。 ネットビジネスの常識に挑戦(←ちょっと大げさ?)しようと言うことで、本気で取り組んでおります。


カタログハウス.com・トップページ

■新たな出会いと感動が
な:Webを活用し始めて、何か変化したことはありますか?
長:ネットショップの対応はなんと言ってもメールのやり取りが中心です。お店なら、直接商品を手に取ってご説明できますが、メールとなるとすべてを文章で表現することになります。

実際これってなかなか難しいことです。すっごく神経を使います。だから、実店舗でのお客様に対応する際には、以前にも増していろいろと気配りが出来るようになりました。


な:その中で一番うれしかったことは何ですか?
長:ネットを通して新たな出会いと感動が広がることです。 とりわけ、お客様から「カタログハウス.comさんにおまかせすれば安心!」って言われる時が最高ですね!

な:反対に、失敗談はありますか?
長:文章力が乏しい割りに、慌て物のため、メールの送信ボタンをクリックした途端、「あっ・・・。」って事が多いです。f(^_^)
結果的に何通もメールを送信することになってしまいます。お客様から、「対応が丁寧ですね。」なんて言われると恐縮しちゃいます。

■ドメインを取得するときは・・・
な:ドメイン名で何かエピソードがあるとおうかいがいしましたが…
長:実はドメイン名がよく似ているサイトがあるんです。皆さんご存じだと思いますが、通販生活のカタログハウスさんです。同じショッピングのサイトですので、勘違いされるお客様もいらっしゃいますよ。

な:具体的には問い合わせがくるのですか?
長:はいそうです。「使い慣れているモノが壊れたので、部品の取り寄せができますか?」といったお問い合わせが多いですね。気に入ったモノを長く大切に使いたいというお客様の気持ちは、私たち販売店にはとてもうれしい事ですので、型番やメーカー名などをお聞きするんですよ。
最後に「もしかしたら、カタログハウスさんで購入されたのでしたら、そちらにお問い合わせされた方が、早く手にはいるし、きっと親切に対応してくださいますよ。」と一言書き添えておきます。そこで気がつかれる方もいらっしゃいますよ。


な:とても丁寧に対応されるのですね。
長:本当によく似たURLですからね。ドメインを取得するときに、よく確認しておけばよかったのかもしれませんね。何かのご縁でうちのサイトにお問い合わせされているので、どのようなお問い合わせにも、できるだけ早くお答えするように心がけています。

 (注)
 カタログハウス.com(長さんのサイト)
                   →http://www.catalog-house.com/
 カタログハウスのウェブサイト(通販カタログ「通販生活」のサイト)
                   →http://www.cataloghouse.co.jp/

商品は化粧箱でお届けいたします■他のオーナーさんとの交流が励みに
な:参考にしているサイトはありますか?
長:そうですね〜。ネットショップ運営者が情報交換やサイト診断などで集まるサイトがいくつかあるのですが、その中でも特に「売上向上相談所」と言うサイトは要チェックです。管理人の"さくだいおう"さんを始め、サイトに集まるネットショップオーナーさん達との交流は大変励みになります。

ネットショップを運営している方や、個人でホームページを運営している方 これからはじめようと言う方には絶対オススメです!
売上向上相談所 http://homepage2.nifty.com/Daiou2/


な:どんなところがおすすめですか?
長: インパクでも表彰されているカリスマサイトさんです。 単なるコンサルタントと違い、管理者自身が実践している唯一のサイトです。 このページの読者さんでこれからサイトを始めようと思っている方や、ショッピングのサイトを運営されている方にも、きっと役立つサイトと思いますので、この部分はカットしないで下さいね。(笑)私自身、本当に役立つサイトと考えております。

■続けることの大切さ
な:今後の目標とされていることがありましたら、お聞かせください。
長:カタログギフトのネット販売で日本一になりたいですね。
それだけ多くのお客様との出会いと感動が味わえますから・・・。
「カタログギフトなら、カタログハウス.com」と、皆様からのご信頼をいただけるようになることが目標です。
いろいろ偉そうなことを言いましたが、実行すること、そして続けていくことが第一番の目標です。
「継続こそ力なり!」です。

な:カタログギフト日本一を目指して、がんばってくださいね。今日はお忙しいところ、ありがとうございました。
長:ありがとうございました。。

編集後記:とても丁寧にお答え頂きました。誰かにプレゼントするときは、とても親切に相談にのってもらえるような感じがしました。このページでは出てきませんでしたが、贈り物のマナーのページはすごい情報量です。(な)

長さんのサイトを見てみよう! >> カタログハウス.com

がんばるWEBマスター バックナンバーはこちら! がんばるWEBマスター 次回予告はこちら! がんばるWEBマスター 出演者の推薦はこちら!

Copyright (C) 2000-2004 Gokuu!. All Rights Reserved.